オンライントレードの基礎知識

オンライントレードの魅力

今ご覧になっているこのブラウザ上で、株取引ができてしまうのがオンライントレード。売買のたびに証券会社窓口を通していた時代と違い、ずっと手軽に、ずっとリーズナブル(手数料が安い!)に株取引ができるようになったのです。口座開設の申し込みも、株の現物買いも信用買いも、情報収集も、すべてインターネット環境で済ませられます。

24時間取引できる
仕事からの帰宅後など、自由な時間に取引にのぞめるのが魅力的。急な株価の変動に対応できることもメリットのひとつです。
プロ並の投資
ツールが使える
リアルタイムでの株価チャート、経営状態などがわかる情報ツールなど、これまではプロでしか使えなかったツールも使えます。
手数料が安い
株式の売買委託手数料が1999年より自由化され、値下げ競争が過熱しました。特にネット証券の場合は、店舗、窓口が不必要な分、売買手数料は割安となります。
場所を選ばない
ネット接続可能なPCか携帯電話さえあれば、仕事中でも、出張先でも、旅行先でも、どこでも取引が可能。
情報収集力に
長けている
経済ニュース、トレンド情報、各企業のプレスリリースなど、インターネットで得られる情報は、すべて株取引の参考とすることができます。

どうすればできるの?

オンライントレードに必要なもの

@パソコン・携帯電話
パソコンでの利用が一般的です。ネットに接続できれば、携帯電話でも利用することが可能です。ただし、チャート表示、情報閲覧などに制限がある場合もあり、両方を使い分けるのが賢明といえます
Aインターネット環境
ADSL、FTTH(光ファイバー接続)などのブロードバンド回線での接続をオススメします。56Kbpsの通信速度が限界のアナログ回線では、情報の表示に時間がかかる、接続状況が時間によって悪くなるなど、いざというときに不便です。
B銀行口座・証券口座
株を売買するために証券口座が、入出金のために銀行口座が必要です。証券口座は、利用したい証券会社のサイトから申し込みを行うことができます。入出金のためには、管理のしやすいネットバンキングがオススメです。