ライフスタイルに合った投資方法

夜しか時間がとれない

証券取引所の立会時間は、東証の場合9:00〜15:00。この時間帯に取引できる人は限られています。 昼間に仕事をしている人などにとっては、株取引をしてみたくても、ほとんど不可能です。
時間がなくて夜しか
そんなあなたには・・・
夜間取引がオススメです。

PHSによる夜間取引の特徴

夜間取引とは、取引所の株式市場が終わったあとでも、株の売買ができるシステムのこと。この取引には、日中の株取引とは異なった特徴があります。取引時間帯はもちろん、取扱い銘柄や株価も、夜間取引ならではの特徴があるので把握しておきましょう。

夜も取引が可能
夜間取引の取引時間は夕方から夜にかけて。証券会社によって異なりますが、17:30〜23:59の時間帯で取り引きされます。
証券取引所を経由せずに株式を売買
取引は、証券取引所を介さずに「PTS」によって行われます。
PTS(ProprietaryTradingSystem)とは、証券会社が開設したネットワーク上の市場のことです。私設取引システムともいい、2000年に誕生して以降徐々に普及し始めています。
取扱い銘柄が限られている
夜間取引で売買できる銘柄は限られていて、どんな銘柄を取引できるかは証券会社によって異なります。売買できる銘柄は日中の取引に比べると少ないですが、証券会社のなかには3,000銘柄以上扱っているところもあります。
取引方法は証券会社による
株取引の方法は証券会社によって異なります。日中の取引と同じようにリアルタイムで取引を行うところ、一本値(当日の取引所終値を基準)で取引するところがあります。

各証券会社による夜間取引の特徴

証券会社によって、取引ルールは大きく異なります。時間帯や取引銘柄、手数料の違いも確認しておきましょう。

マネックス証券の夜間取引は、マネックスを利用している投資家の間のみで行われ、同一銘柄の「売り」と「買い」の注文数が合致した範囲で売買が成立します。株価は当日の終値となりますが、最大7%安く買えるチャンス銘柄を毎日発表しています。取扱い銘柄数の多さが魅力です。

取引時間帯 17:30〜23:59
取引価格 原則、当日の取引所終値を基準値とする一本値
手数料 株数に関わらず1約定につき500円(税込)
取扱い銘柄 3,000以上

カブドットコム証券の夜間取引は、通常の取引所と同等のオークション方式での取引が可能です。当日の取引所取引と同一日の約定となり、夜間に買い付けた場合、翌営業日の昼間に取引所で売却できます。取扱い銘柄は約1,000銘柄。将来的には信用取引の提供も検討しています。

取引時間帯 8時20分〜23時59分(注文受付開始、気配表示は8時00分から)
取引価格 競売買(オークション)方式(国内主要取引所と同じ)
手数料 約定代金1,000万円まで、378円均一。
1,000万円超は、1,000万円を超える部分に対して100万円ごとに42円加算。
取扱い銘柄 現物取引。国内上場株式のうち、当社が選定する流動性の高い約2,000銘柄