IPOを狙う!

必ず上昇する株?

間違いなく上昇する銘柄があったら、誰もが投資したいですよね? それに近い存在がIPOなのです。IPO(Initial Public Offering)とは、今まで未公開だった企業が証券市場に株式を公開することです。新規公開株とも呼ばれ、大半の銘柄が上昇し、利益を得られる事が多いことから大変人気があります。そのため、IPOの購入はほぼ例外なく抽選になります。

主幹事証券会社とは?

希望の銘柄が見つかったら、「幹事証券会社」に申し込む必要があります。幹事証券会社とは、新規に株式公開する企業に代わって、株の売りだしなどを行う証券会社のことです。また、幹事証券会社の中でも、株式公開やブックビルディングなどを中心となってとりしきる幹事証券会社のことを「主幹事証券会社」といいます。

ブックビルディングって何?

IPOの発行価格はどのようにして決まるのでしょうか? 通常は、ブックビルディングという方式で決定されます。ブックビルディングとは、まず、主幹事証券会社が仮条件としての売出価格帯を発表、投資家がその価格帯の範囲内で自分が買いたい価格を申告する方式のことです。ブックビルディングに参加するには、まず幹事証券会社で口座を開きましょう。


ブックビルディング終了後、申告状況に従って公募・売出価格が決定されます。ブックビルディング時に、この決定価格以上の額を申告していた投資家は優先的に選ばれます。

2種類の抽選方法

同じIPOでも、抽選方法は証券会社によって異なります。全ての抽選対象者が公平に抽選される「完全抽選」と、大口顧客や実績がある人が有利になる「優遇制度つき抽選」があるので、IPO購入の確率を上げるには、自分に有利な条件の証券会社を選択することが重要です。

完全抽選 優遇制度つき抽選
優遇制度つき抽選 ブックビルディングへの参加実績や預かり資産などによって、当選の確率が上がる。

例)
SBI証券
ブックビルディング抽選に外れた回数に応じてポイントが加算され、当選確率がアップする。
楽天証券
過去の取引実績に応じてグループ分けされ、それぞれ当選確率が異なる。

初値が公募価格を上回ったIPOの例

IPOはほぼ大半が上場とともに上昇します。最近の例を見ても、大きく上昇したもので4倍強の初値がついています。例外や上昇の価格差はあるものの、IPOの魅力はやはりここにあります。

企業名 単位枚数 公募価格 初値 初値対公募差
サイバーステップ(株) 1 300,000円 950,000円 +650,000円
エコミック 1 120,000円 510,000円 +390,000円
健康コーポレーション 1 56,000円 194,000円 +138,000円
ビューティー花壇 1 230,000円 502,000円 +272,000円
モジュレ(株) 100 125,000円 261,000円 +136,000円
(株)パワーアップ 100 1,200円 2,100円 +900円
(株)ライフステージ 1 190,000円 406,000円 +216,000円
みんなが複数口座開設する理由って?