中国株に注目!

成長真っ只中の中国が熱い

北京オリンピック(2008年)、上海万博(2010年)、大規模なイベントが続々と開催予定の中国株が、今大注目を浴びています。世界のトップ企業がこぞって中国へ進出し、経済は活性化の勢いに乗っています。値動きが激しく、初心者には多少難しい向きもある中国株ですが、現在の動向を無視するわけにはいかないでしょう。

中国市場の種類

中国の市場は、大きく3つに分かれています。香港株はすべて外国人へも開放されており、上海市場、深セン市場はそれぞれA株、B株に分かれています。オンライントレードにおいては、香港市場を主に扱っている証券会社が多く見受けられます。

市場名 銘柄種類 取引通貨 概要
上海市場 上海A株 人民元 中国国内投資家向け。外国人向けにも開放されつつはある。B株より規模が大きい。
上海B株 米ドル 外国人投資家向けだが、中国国内投資家も利用できるようになった。
深セン市場 深センA株 人民元 中国国内投資家向け。外国人向けにも開放されつつはある。B株より規模が大きい。
深センB株 香港ドル 外国人投資家向けだ。中国国内投資家も利用できるようになった。
香港市場 H株 香港ドル 基幹産業の大型国有企業が多いのが特徴。

H株 金融、航空、IT企業などが中心。
先端企業が多いのが特徴。
その他 H株とレッドチップ以外のメインボード上場銘柄、GEM上場銘柄。

中国株の始め方

中国株を扱っている証券会社であれば、問題なく取引ができます。中国株を取引する上でかかる費用には、現地手数料、国内売買委託手数料などがあります(もっとも、現地費用はすべて無料というところもあります)。国内株の売買と同じくリアルタイムの取引が可能で、グローバルなインターネットの力を思う存分発揮できることとなるでしょう。

中国株のメリットとデメリット

メリット
  • 経済成長の真っ只中で値上がりが期待できる
  • 世界的イベント(オリンピック)が目白押しで経済効果が期待できる
  • 今現在なら、有名企業の株が小額で買える可能性がある
  • 利回りの高い銘柄が多く、高額配当が期待できる
  • 中国の経済状況を学習できる
デメリット
  • 情報公開システムが十分とはいえず、情報量が少ない
  • 日本国内株の取引よりも、手数料がかかってしまう
  • 中国国内人以外だと買えない銘柄もある
  • 値動きが激しい銘柄が多く、ハイリスクを避けることが難しい
  • 国策に影響されやすい

オススメの証券会社

内藤証券

内藤証券
内藤証券は日本で初めて上海証券取引所よりB株取扱いの域外代理商認可を取得した中国株式のパイオニア。取扱高は国内トップクラスを誇っています。